ワキの黒ずみをとる方法は?原因と対策を説明します。

ワキの黒ずみの原因は?

ワキの肌が黒ずんでいて汚いと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ムダ毛は剃れば目立たなくなりますが、黒ずみはどうしても目立ってしまい、人前でワキを見せることが恥ずかしくなってしまいますよね。
では、そもそもなぜワキが黒ずんでしまうのでしょうか。主な原因は、度重なる自己処理の結果によるものです。カミソリで剃っていたり、ピンセットで一本一本抜いていたり、みなさんワキ毛の処理を自分で行なってはいませんか?その自己処理の仕方によっては、ワキが黒ずんでしまう原因になります。
自己処理による肌への悪影響が積み重なり、とうとう頑固な黒ずみに変化していくのです。今一度自分の処理の仕方を見直してみてください。
無理にピンセットで毛をひっぱっていませんか?ワキ毛を抜いて処理することは、肌にとってかなりのストレスです。また、カミソリで何度も同じところを剃っていたり、肌を保湿させることなく、乾燥させたままにしていませんか?これらのことが、黒ずみにつながってしまいます。

ワキの黒ずみを防ぐにはどうすればいい?

自己処理による肌への悪影響をお伝えしましたが、それでは黒ずみを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。有力な手段としては、自己処理の回数を減らすことです。
脱毛サロンでワキの脱毛を行なうという手段があります。よくコマーシャルなどで、両ワキコースを宣伝しているのを聞いたことがあるかもしれません。脱毛する部位の中でも最も人気の両ワキを、独立させて両ワキコースとして用意している脱毛サロンが増えてきています。
両ワキだけのコースは、他の部位に比べて範囲も狭く人気があるため、比較的安い値段で設けられているところが多く、数千円で回数無制限という脱毛サロンもあります。
脱毛サロンでワキ毛の脱毛を行なうことで、だんだんとワキ毛の濃さが薄くなり、それに伴って自分で処理する回数が減っていきます。自己処理の回数が減ると、その分肌への悪影響もなくなり、黒ずんでしまうのを防ぐことができます。
また、脱毛サロンに通う通わないに関わらず、常に意識しておいてほしいことが「保湿」です。肌が常に潤っている状態を保つことで、ある程度の黒ずみを防ぐことができます。お風呂上がりなどに、保湿クリームや保湿オイルを塗ることで、ワキの皮膚が乾燥してしまうことを防ぎましょう。
また、カミソリでワキ毛を処理した後にも、しっかりと保湿することを忘れないようにしてください。

ワキ 黒ずみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です